NeuroStar TMS Therapy® — 独自の作用メカニズム

経頭蓋磁気刺激法(TMS)は、磁気共鳴画像検査(MRI)装置によって生成される磁場とほぼ同じ種類と強度の磁場である、高度に集束されたパルス磁場を利用し、皮質ニューロンを刺激します。NeuroStar-MOA-Illustration

  1. 的確なパルス磁場が前頭前皮質に少量の電流を誘起し、脳の深部を活性化します。
  2. 局部ニューロンが脱分極し、シナプス経由で脳深部構造の活性化をもたらします。
  3. 大脳辺縁系のこれら経路を活性化させることで、神経伝達物質が放出されます。
  4. 活性化された領域での血流量および糖代謝が増大し、これによって気分が改善すると考えられます。

2014-04-24-Neuronetics-TMS-Network-Plasticity

神経画像研究により、TMSによって直接刺激された組織ならびに遠隔神経網での皮質代謝活性の変化は、気分の調節に関与することが知られています。14

左前頭前皮質を反復的に活性化させることで、大うつ病患者さんに抗うつ効果を及ぼすことが知られています。13

NeuroStar TMS Therapyは、気分の調節に関わる脳領域を集中的に刺激し、全身性の副作用が生じることはほとんどありません。

NeuroStar TMS Therapyの効果について見ていきましょう。