寛解の可能性をもたらすNeuroStar TMS Therapy®

臨床結果

NeuroStar® は、最大規模の厳密に精査されたうつ病臨床データが揃っている唯一のTMS システムです。NeuroStar TMS Therapy を受けた多くの患者さんに著しい改善がみられています。

2 件の多施設無作為化対照試験では、NeuroStar の臨床上重要な抗うつ効果が実証されています。7,8

  • 治療 4 週目の実際のTMS 療法と偽のTMS 療法(プラセボ)との比較では、実際のTMS療法の方が優れていました P=0.038)7*
  • 実際の TMS 療法群と偽のTMS 療法群を比較したところ、実際のTMS 療法群でより多くの患者さんに寛解が認められました P=0.02)8

オープンラベル臨床試験の治療4~6 週後の結果9,10:

  • 患者さん 2 名のうち1 名が大きな改善を示しました。
  • 3 名のうち1 名のうつ病症状が消失しました。

2 件のオープンラベル延長試験では、臨床対照試験と同様の結果が得られました。最長12 週の延長治療で改善を示すケースもあります。10,11 実際の治療現場を設定した臨床試験では、さまざまな治療抵抗性症例において一貫した治療反応率および寛解率が得られるという結果が得られていますが、プロスペクティブな実地研究でもその結果が確認されました。9

治療効果が持続することは、1 件のオープンラベル長期フォローアップ試験(6 ヶ月)で立証されています(再発率は全患者さんでわずか11%)。さらに、TMS 再療法が必要となったのはわずか37%で、そのうち85%の患者さんに再び改善が認められました。12

被験者800 名に登るこうした臨床試験により、NeuroStar TMS Therapy がうつ病に苦しむ患者さんにとってうつ病から解放される有効な治療法であることが明らかになっています。7,8,9,13

うつ病の安全な治療法であるNeuroStar について詳しく見ていきましょう。

*ベースライン時のMADRS 症状スコア≥20 の患者さん

MADRS=モンゴメリー/アスベルグうつ病評価尺度